木村佳乃がテレサ・テンの生涯熱演・気になる芸能ニュースの結婚・事件・噂・ニュース・時の人などいろいろな話題などを人妻目線で徒然なるままに書き綴っています。飲み会ネタ・合コンネタなどに、ちょっとした話の小ネタを仕入れていきませんか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村佳乃がテレサ・テンの生涯熱演


今も歌い続けられているテレサテン。
テレビドラマで生涯を演じられることとなった。


木村佳乃(30)が、1995年に42歳で急死し今年5月に十三回忌を迎える歌手テレサ・テンさんを演じる。テレビ朝日のドラマスペシャル「テレサ・テン物語~私の家は山の向こう」(今春放送)で主演するもの。

テレサさんの生涯を描いたドラマは日本で初めて。木村は表情からしぐさまで「アジアの歌姫」になり切る熱演を見せている。

 「アジアの歌姫」と呼ばれ、今なお大勢のファンに愛されるテレサさんの生涯が、十三回忌を迎える今春、日本で初めてドラマ化される。


未だ根強い人気を誇るテレサテン。
生涯をまた見つめなおす機会ができてファンも楽しみにしていると思う。


≪3曲で売り上げ500万枚≫テレサさんはアグネス・チャン、欧陽菲菲らが活躍し、外国人ブームが起きていた74年に来日。「空港」「つぐない」「時の流れに身をまかせ」の3曲だけで500万枚を売り、アルバムなどを合わせると1000万枚以上を日本で売った。84年から3年連続で日本有線大賞を受賞した

いろいろな憶測が飛び交ったテレサテンだが、未だにカラオケでも人気。
ドラマで更にいろいろなファンそうが広がるのに期待。


ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。