紀香十二単に陣内は“聖徳太子”・気になる芸能ニュースの結婚・事件・噂・ニュース・時の人などいろいろな話題などを人妻目線で徒然なるままに書き綴っています。飲み会ネタ・合コンネタなどに、ちょっとした話の小ネタを仕入れていきませんか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紀香十二単に陣内は“聖徳太子”


美女の花嫁姿に今から大きな期待が寄せられている。

女優藤原紀香(35)と結婚するお笑いタレント陣内智則(32)が29日、うめだ花月(大阪市北区)でトークライブを行い、2月17日に生田神社(神戸市)で行う挙式に、束帯姿で臨むことを明かした。

十二単(ひとえ)を着る紀香に合わせての正装で、先日衣装合わせを済ませたという陣内は「聖徳太子みたいな格好で、頭に烏帽子(えぼし)かぶって、足にはでっかいパンみたいな靴ですよ。私は誰でしょう? みたいな感じで絶対に爆笑になりますわ。おれも衣装合わせで笑ったもん」と告白。「秋篠宮が挙式で着ていた衣装」でもあるといい「天皇家の人が着たら似合うけど、おれは加古川の普通の子。紀香さんはきれいになって登場するのに…。おれ、絶対にニヤニヤしてまうわ」と苦笑い。

一歩下がって陣内についていく紀香の絵が古風な女性をかもしだして注目されている。
夫を支える嫁の図が定着してきている。
紀香に嫁ぐ陣内という言葉に反発しているようにもみえるが、日本女性らしさでのイメージアップなのか?

ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。