シャーリーズ・セロン時計のおしゃれが問題に。・気になる芸能ニュースの結婚・事件・噂・ニュース・時の人などいろいろな話題などを人妻目線で徒然なるままに書き綴っています。飲み会ネタ・合コンネタなどに、ちょっとした話の小ネタを仕入れていきませんか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーリーズ・セロン時計のおしゃれが問題に。


よく女優まるごと自社ブランドと契約するケースは多い。
菊池凛子が、シャネルに惚れ込まれて提携など最近耳にしたニュースのひとつ。
雑誌の取材や、公共の場に出る時は提携ブランドを着用。というのは普通。
全身でブランドのCMをするというしくみ。
ブランド側も、提携モデルが多い場合はかぶらないように提供する段階から細心の注意を払っているケースが多い。



そんな中、
スイスの高級時計ブランド“レイモンド・ウエイル”のスポークスパーソンを務めるシャーリーズ・セロンが、ディオールの時計をつけて写真を撮られたため訴えられた。

訴状によると、セロンは2005年10月から2006年12月の間、イヤリングやネックレスなどのジュエリーは自由に選べるが、時計はウエイルの製品しか身につけない契約を交わしているとのこと。しかし、セロンは同時期にクリスチャン・ディオールのスポークスモデルも引き受けており、ディオールの時計をしているところを写真に撮られ、時計業界の専門誌の「人気セレブが愛用している時計」という特集に掲載されてしまった。

同時に自分自身でかぶるアクセサリーやブランドと提携するのは珍しいケースなのでは?
それだけブランドからの人気があると言ってしまえばそれまでだが、ちょっとおそまつな展開。
レイモンド・ウエイル側が怒るのも当然。
しかし、この騒動で困っているのはシャーリーズ・セロンだけなのではないだろうか?
レイモンド・ウエイルもディオールもいい宣伝効果があるのでは?


ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。