ユーチューブの価格6億7100万ドル(約810億円)・気になる芸能ニュースの結婚・事件・噂・ニュース・時の人などいろいろな話題などを人妻目線で徒然なるままに書き綴っています。飲み会ネタ・合コンネタなどに、ちょっとした話の小ネタを仕入れていきませんか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーチューブの価格6億7100万ドル(約810億円)


ネット動画配信などに興味がある人は、知らない人はそういないと思われるユーチューブ(YOUTUBE)
破格の価格で事実上売却された。
その価格は驚きの価格6億7100万ドル(約810億円)
またこの世の中に大富豪が誕生した。


人気の米動画投稿サイト、ユーチューブを創業した20代の若者2人が、同社を米インターネット検索大手グーグルに売却し、計6億7100万ドル(約810億円)相当のグーグル株を取得したことが分かった。創業から2年足らずという異例の短期間で大富豪の仲間入りを果たした。
 グーグルが8日までに米証券取引委員会に提出した資料によると、創業者のチャド・ハーレー氏(29)が3億4500万ドル(約420億円)相当、スティーブ・チェン氏(28)が3億2600万ドル(約390億円)相当の株を手に入れた。2人は現在、グーグル傘下のユーチューブ首脳。

お手軽に配信ができるということで人気なのだが、やはりそれだけの価格がつけられるほどの人気だったと証明された。
日本の他の動画サイトも頑張っているが、やっぱり第一位という感がいつまでもある。


ユーチューブは05年2月の創業。自作ビデオや録画したテレビ番組を手軽に投稿・閲覧できることが人気を呼び、急成長した。06年秋にグーグルに16億5000万ドルで売却され、株式交換方式だったため、創業者にグーグル株が支給された。ただ、ユーチューブは著作権侵害の問題も指摘されている。

日本のテレビ界などから、著作権問題などで削除要求があったという話もあったり。
今後グーグルの手が加わり、その辺の問題がどうなるのか注目される。

ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。