感動の映画『Life 天国で君に逢えたら』・気になる芸能ニュースの結婚・事件・噂・ニュース・時の人などいろいろな話題などを人妻目線で徒然なるままに書き綴っています。飲み会ネタ・合コンネタなどに、ちょっとした話の小ネタを仕入れていきませんか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の映画『Life 天国で君に逢えたら』


感動の映画『Life 天国で君に逢えたら』の舞台挨拶が行われた。
大沢たかお主演でのプロウィンドサーファーの話。

大沢たかおといえば、「世界の中心で愛を叫ぶ」でも感動の映画の主演だったので期待される。




東京・有楽町で映画『Life 天国で君に逢えたら』の舞台挨拶(あいさつ)があり、大沢たかお、伊東美咲らが登壇した。同作品は38歳でガンのため他界したプロウィンドサーファー、飯島夏樹さんとその家族の物語を描いたもの。

 主人公・飯島夏樹役の大沢たかおは「撮影中からこの日が来るのをドキドキしながら待っていた」と挨拶した。

 飯島夏樹さんの妻の寛子さんが大沢に向けた手紙を、寛子さん役の伊東美咲が披露「おまかせするなら大沢さんしかいないと確信した。心から感謝している」、読み終えた伊東は「言葉に詰まります。寛子さんの心の中には、まだまだ夏樹さんが生き続けているんだな、本当にジーンとしました」。また「皆さんが感じてくれた優しい気持ちや家族を思う愛情などを、沢山の方に伝えていただければ」とも。

 新城毅彦監督は「見終わって、何か感じたものを素直に持って帰ってもらいたい」と話した。



愛する人がいる人・家族の愛を確かめたい人

この映画を見るともっともっと家族や愛する人との生活を

大事にしたいと思う気持ちが強まることと思います。


泣きたい人、泣ける映画を探している人にもオススメです。



(ライブドアニュースより引用)
http://news.livedoor.com/article/detail/3282198/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。