全豪テニスでセリーナ“妨害工作”疑惑・気になる芸能ニュースの結婚・事件・噂・ニュース・時の人などいろいろな話題などを人妻目線で徒然なるままに書き綴っています。飲み会ネタ・合コンネタなどに、ちょっとした話の小ネタを仕入れていきませんか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全豪テニスでセリーナ“妨害工作”疑惑


またなんともいえないスポーツでの疑惑が浮上してきた。
本当でも、嘘でもどっちにしてもイヤな話であることは間違いない。

27日の女子シングルス決勝でシャラポワ(19)と対戦する元女王で、世界81位のセリーナ・ウィリアムズ(25=米国)に妨害工作の疑いがかけられた。準決勝で、セリーナの関係者が時計の表面に太陽光線を反射させ、対戦相手の目に当てていたという。この日の決勝前日会見で、セリーナは全面否定した。男子決勝はフェデラー(26)とゴンサレス(26)の対戦となった。

会見は、滑り出しから異様な雰囲気で始まった。疑惑への質問が止まらない。「いいかげんにしてよ。くだらない。また誰かがでっち上げた話だわ」。ある記者が畳み掛ける。「だったら、彼に時計を外させたら?」。ついにセリーナが切れた。「これ以上答えないわ。ばかげてる!」

確かにどっちにしてもイヤな質問。
でも、せっかく練習をし続けてきて、チャンスを手に入れたのに
こんな結末では・・・かわいそう。



疑惑は、準決勝を生放送していた地元放送局で流された。関係者席でセリーナの母オラセヌの前に座った若い男性が、試合中、相手のバイディソバの目に、時計で太陽光線を反射させていたというものだ。彼はセリーナの友人で、地元のテニスファンだという。
 とんだハプニングにも、セリーナの決勝への自信は揺るがない。「何度も言っているけど、私が好調なら負けるわけがない」。優勝すれば史上2人目のノーシードからの制覇となる。世界ランクも81位から15位に急上昇する。「もっともっと高い目標がある。内証だけど」。セリーナの勢いはどんな妨害でも止まらない。

本当に疑惑がウソならこれをバネにがんばってほしいですね。


ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。