番組ねつ造発掘!あるある大事典がまた・気になる芸能ニュースの結婚・事件・噂・ニュース・時の人などいろいろな話題などを人妻目線で徒然なるままに書き綴っています。飲み会ネタ・合コンネタなどに、ちょっとした話の小ネタを仕入れていきませんか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番組ねつ造発掘!あるある大事典がまた


連日ねつ造問題が報道されていますが
やっぱりまだまだあるようですね。


 ねつ造が明らかになって打ち切られた関西テレビ制作の番組「発掘!あるある大事典2」の前身の番組が98年10月25日に放送した「快眠」で、レタスの催眠作用についてマウスを使って実験した千葉科学大の長村洋一教授(健康食品学)は「マウス実験では眠らなかったのに、あたかも眠っているように映像を編集されたうえ、効果があるという別の大学教授のコメントと一緒に流された」と実験内容が改ざんされていたことを27日、毎日新聞の取材に証言した。
番組は96年10月から放送を開始しており、番組初期から長年にわたり、ねつ造された可能性が出てきた。

今まで見たりしてたけど、何かねつ造だったのかっていう番組を作ったらこれまたすごい視聴率がいくのではないでしょうか?
今まで視聴率が欲しかったのなら、また解明番組で証明すれば?って感じです。



「レタスに含まれる特定の成分には即効性がある」とのコメントが付けられ、あたかも眠る効果があったかのように編集、放送された。
 レタスの成分の中には微量だが、催眠成分があるが、コメントをした実践女子大の田島眞教授(食品学)は「レタスの成分の一般論として話した。放送を見るまでマウスで実験していたとは知らず、マウスで効果があったんだと思った。コメントをうまくつなぎ合わせるのは、『納豆』の構図と似ている」と話している。

コメントした教授もあきれていたらしい。
あきれすぎて抗議もしていなかったということ。
この時抗議していたら・・・と反省しているそうだが
こう思っている人が現在何人いるのかが気になるところ。
今後の展開からまだまだ目が放せない。

ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
Copyright © 芸能・人妻の気になる芸能ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室1キロバイトの素材屋さん
  • 管理者ページ
  • Yahoo!ボットチェッカーMSNボットチェッカーGoogleボットチェッカー
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。