本格派女優のカンロクを漂わせる米倉涼子・気になる芸能ニュースの結婚・事件・噂・ニュース・時の人などいろいろな話題などを人妻目線で徒然なるままに書き綴っています。飲み会ネタ・合コンネタなどに、ちょっとした話の小ネタを仕入れていきませんか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格派女優のカンロクを漂わせる米倉涼子


恋の噂もさることながら、すっかり大女優のカンロクを出している
米倉涼子。
最近は、松本清張3部などのドラマ出演で更に注目度が上がっている。


日刊ゲンダイ本紙には1年ぶりの登場となるが、今やすっかり“本格派女優”のカンロクだ。いよいよ放送が始まった松本清張3部作の最終章となるドラマ「わるいやつら」(テレビ朝日系・金曜日21時~)。「米倉史上、最悪」という衝撃的なコピーの付いた今ドラマについて語ってもらった。


米倉の役どころは、上川隆也演じる病院の院長を愛してしまったがゆえに、犯罪に手を染めていくことになる看護師・寺島豊美。そのナース姿も見どころのひとつだ。

「今回は胸を張って悪いコトを踏み台にのしあがっていく感じではなく、風になびいてしまうタイプですね。相手の風に持っていかれるようなイメージの役で、ちょっと可哀想に見えてきたりもする。ナース役は、現役の方にお話を伺ったり、注射の練習はしました。ただ、私としてはナース姿がなじんで見えてほしいから、逆にそこは見どころにしたくないな」

今回も更に悪女となっていく感じ。
清純な役から悪女までこなしてしまう女優はそうそういないと評判。
ナース姿も気になるところだが、話の展開も三部作最終章として期待される。


ライブドアニュースより引用)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。